通信高校にかよってもどこに通っても

高校生活はあまりにも窮屈です。
平日の多くを学校で過ごして、一円も生まない生活を続ける。
周囲を見ながら自分が思ってもないことをしゃべって、面白くもない話で笑う。バイトしている生徒もいるし、部活に精力的にはげんでいる人もいる。隣の子は三兄弟の末っ子で、一人だけ歳の離れた兄弟らしい。
いろんな人がこの学校にはいます。その生徒の数だけ人生があり、それぞれの人生を生きています。
もっといえば違う学校の生徒はもっと違う人生を送っているし、通信高校に通っていれば通信高校だけの授業を受けたり自宅学習をしているのでしょう。
ここでの学習はあまりも平板で平坦。何をすることもできない。
いっそ高校中退くらいのショックを受けたほうが自分のためなのかもしれない。そんなことを考えてしまいます。


《通信高校に通っても何しても自分はずっとこうなのか》

きっとこれからも社会的なストレスを感じながら自分は生きていくことになるし、生理的な、社会的な欲求と折り合いを付けながら生きていくことになるのです。
それはあまりにもひどい。
自分くらいの志なら適当な大学に進学して、てきとうな会社に入って働いて、もしかしたら結婚して子供ができたりするのでしょうか。
途中から自分の想像上の人生に靄がかかったように見えてきました。
自分が幸せに生きている将来があまり見えてこない。通信高校に通っている自分が空いた時間に好き勝手やっている未来の方が現実味はある。
自分が話すのは嘘ばかり。みんなこうなのか。


《しばらく経ってみて》

そんなことを思って生きていたことがありました。不自由な人生に苦しさを感じながら生きていたことがありました。
でも、時間が経ってみた今振り返ってみると、まだまだ青かったなと。時間が考えを解きほぐしてくれることもあるのだと学びました。そんな自分を許せるようになってきて、だんだんと生活上でかかえる苦しみを減っていったように思います。
とにかく若いうちに気付きを得ながら生きていくのが大切だと思いました。

通信高校にいくべきなのか考えている

普通の全日制高校に通って幾月、ここでずっと学習を進めていると、勉強している内容は頭に入ってこないし、なんだか狭いコミュティの中で馴染めない人は積極的にいじめられることになるし、部活には興味ないし、これなら通信高校に通ったほうが良かったかな…なんて考えてしまいます。
普通に暮らしていると、新しい友達はできたし、同じ中学から同じ高校に進んだ友達も多いです。話し相手には困らない。隣の席の女子とも仲良くなって、今度の休みに一緒に出掛けることになりました。
通信高校に進学したあいつは今頃どうしているだろう。通信高校ってどんな学校なんだろう。そもそも学校に通うのか。
そんなことを思いながら高校からの帰りの電車に乗っています。三つ駅を過ぎて、乗り換えてまた四つ先の駅。ここが自分の家からの最寄り駅です。
なぜか普通に暮らしているだけなのに苦しさを感じてしまいます。


《通信高校に行っても苦しいのか》

ふと思ったのが、どこに行ってもこの苦しみは変わらないのでは。
どこに行ったとしても、その場所その場所で違う悩みが生じてしまうことになってしまうのでは。そう考えました。
通信高校に言ったとして、同じようなコミュティ内の衝突はあるんじゃないか。悩みは尽きないんじゃないか。
電車の窓から見える夕焼けを見ながらそんなことを思いました。
でも、だとしても今の生活はあまりにも苦しい。どうしてこんなに苦しいのか、その原因も見えない。今の状態ではどこにもいけない。


《ここじゃないどこかにいくべきなのか》

今いるこの環境は確かに楽。それなりに安定もしているし、今後の展開も見えている。
でも、ここでこのままの状態が続いても良いのか。
今後ずっとここにいることが自分にとって良いことなのか。それがわからない今の状態がこのまま続くのはあまりにも苦しい。いっそ問題でも起こして高校中退になってしまおうか。そんなことを考えています。